コードカキマス反撃のシゲハル

平凡大学生がいよいよ反撃にでます

jQueryの学習

jQueryを学習してみました。railsではjQueryが標準的に装備されているので、基本のところから学び直すことにしました。ちなみにjQueryとはJavaScriptコードをより簡単にに記述できるようにするために設計されたJavaScriptライブラリ、です!

 

追記 2017/06/29

 

公式サイトはコチラ

jquery.com

 

何ができるのか?

HTMLの要素やその要素に指定したクラスやidを指定して、cssを指定したり、動きをつけたり出来ます。その他にもページの移動とかも出来ます。まだまだ学習中。。。

基本的な書き方

$('指定したい要素やclass').method(引数); 

これでOKです。この書き方を基本に関数を書いたり、メソッドを複数つなぎ合わせたりしながら、(チェーンメソッドという)機能を作っていきます。

 

具体的にどんなものがあるのか

hideメソッド:要素を見えなくする。

fadeIn,fadeOutメソッド:要素をフェードイン、フェードアウトさせる。

cssメソッド:cssスタイルを指定できる。

clickメソッド:指定された要素をクリックしたときに、どんな動作をさせるか記述出来る。

hoverメソッド:要素の上にカーソル置いたとき、離したときにどんな動作をするか記述できる。

## 6/29追記

リンクを指定してロケーションさせたり、モーダル画面を出現させるような実装をしました。クリック時にcssクラスを付与したり外したりなので2行でかけました。簡単ですね。javascriptも合わせて勉強すれば自由度高めでいろんなもの作れそうです。

 

実際のWebサイトを想像すると、clickやhoverの中で様々なメソッドを実行するのが多そうな感じがしますねー。他の言語とかで出来るのかもしれませんが??

最近使った実装が、ボタンをクリックすると、新規登録用のモーダルが出現するような処理ですね。非常に簡単だけれど、インパクトがありそうな実装だと思いますね。